NEWS

お知らせ

マイクロスリープ~居眠り運転に注意~

こんにちは!千葉・東京で軽貨物ドライバーを募集しているエアフォルクグループのホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます!
 
 
 
西日本~関東の梅雨明けも間近と言われている現在、各地で災害級の大雨が観測され、誰もがいつ被災してもおかしくない状況にあります。
今年の夏(7~9月)は全国的に平年より気温が高いとの見解が示されていて、これからの7月中旬から8月初旬にかけて暑さのピークを迎えるとのことです。8月は中旬以降になると暑さの和らぐ日が出てくるとのことですが、西日本や沖縄中心に残暑も厳しくなるようです。
特に今年は平年と比べると太平洋高気圧が大陸まで届くほど西と南北に大きくはりだし、日本の関東~九州・沖縄までをすっぽりと覆う形になっていて、チベット高気圧とも重なり「ダブル高気圧」の状態になることがあるので、それが厳しい暑さをもたらすのだそうです。
 
 
高温多湿な気候によって寝苦しい夜も多くなります。それがこのあとも長期間続き、しかも繁忙期であることも考えるとその疲れもあって、「眠りが浅い」「睡眠時間が足りない」などで業務中に確認漏れや見落としなどのうっかりミスが増える恐れがあります。運転中なら尚更危険ですし、注意力・集中力が低下している原因が眠気の場合があります。この時期は春とはまた違った理由で発生する居眠り運転に注意が必要です。
 
 
 
「マイクロスリープ(瞬間睡眠)」をご存知ですか?
マイクロスリープとは、昼間覚醒している時に数秒間眠ってしまうことです。本人が自覚していないことも多く、寝不足や疲労・体内時計リズムと生活リズムのミスマッチ・睡眠の病気・薬の副作用などを原因として瞬間的な睡眠が生じる現象で、フラッシュスリープとも言います。
昼食後の授業や会議でウトウトしている、本の同じ段落を何回も読んでいる、話をしていたのに記憶が飛んでいる、寝ようと思ったわけではないのにいつの間にか寝入っていてハッと起きるなどの状態のことです。誰もが経験のあることではないでしょうか?
マイクロスリープには通常の睡眠のように周囲から見てわかる居眠りレベルから、本人は起きているつもりであっても瞬間的に脳の活動が著しく低下しているレベルまで様々あるようです。
 
このマイクロスリープが居眠り運転事故の直前に頻繁に起きていることが近年の研究でわかりました。
運転中眠気が強くなってくると、まず無意識に顔や頭・体を触ったり貧乏ゆすりしたり、意図的にストレッチをする・大声を出す・素早く瞬きするなど「抗眠気行動」を取ります。しかし、それでも眠気が取れないと体の動きが停止し弛緩した状態になり、目は無自覚なまま左右に動き出し前方をしっかりとらえられなくなってやがて半目や1秒以上完全に目を閉じてしまう「マイクロスリープ行動兆候」が現れます。するとその後15秒未満のマイクロスリープが起き、それによって車両も不自然な車線逸脱や減速をするようになり事故へと繋がります。
事故の直前わずか1分ほどの間にこのような段階的に変化する行動の特徴があるのです。
 
こういった研究でわかったことを、事故を防止するための新しいセンサー開発などに役立てるとしていて、ゆくゆくはさらに安全運転やその管理にもっと貢献する機能が開発され利用できるようになるでしょう。
でも私たちにも自分でできることがあるはずです。このマイクロスリープにどう対応すればよいのでしょうか?
 
 
マイクロスリープが出るのを止めるために有効な対策は『自分のマイクロスリープが起きている原因が何かを知る』ことです。
睡眠不足のサインとも言われるマイクロスリープは、寝不足と生活習慣の乱れに起因していることが多い為、まずは規則正しい生活をして十分な睡眠時間を確保しましょう。(成人では1日に7~8時間の睡眠が必要と言われている)この時、体内時計と生活リズムを合わせるため、一定の就寝時間と起床時間を保つことも大切です。さらに睡眠の質もあげるなら他に食事や運動習慣・寝室環境・ストレスコントロールなども関わってくることになります。
生活習慣の改善をしてもマイクロスリープが頻繁に起きる場合には他の原因が考えられます。それを機に睡眠外来を受診しましょう。睡眠・覚醒障害や睡眠時無呼吸症候群などの病気があるのならそちらの治療が先決です。又他の人より多く睡眠を必要とするロングスリーパーと呼ばれる体質である可能性もあり、この場合はもっと多く睡眠時間をとるようにする必要があります。
 
 
根本から整えて出ないようにするのが一番ですが、仕事の勤務形態などでどうしても生活リズムが一定にできない人もいらっしゃると思います。そのような場合にはマイクロスリープを予防するために仮眠と休憩を上手く使いましょう。
眠気を感じたら20~30分の仮眠をとる、またマイクロスリープは脳の疲れのサインでもあるので、一定時間おきに休憩をはさむと良いです。もし寝ることができなくても目を閉じて視覚情報を遮断するだけでも脳を休ませることができるので実践してみてください。
 
 
 
このような天候ではストレスも多く、忙しい時は時間もあまりないため、いろいろとなげやりになってしまうことも多いですが、そんな時だからこそ規則正しい生活で体のリズムも整え、この大変な時期を安全に健康に乗り切っていきましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エアフォルクグループではドライバーさんを緊急募集中です!研修制度もありますので、初めてという方も安心!全力サポート致します。興味を持って下さった方は是非下記よりご応募ください!

2024年06月08日

雨天時の運転では予測と注意を怠らないようにしましょう

詳しく見る
2024年06月01日

世界禁煙デーと禁煙週間とCOPD

詳しく見る
2024年05月23日

正しいクラクションの使い方

詳しく見る
2024年05月19日

物流の2024年問題のその後その影響

詳しく見る

募集要項

募集条件に初めての方でも大歓迎!月給40万円から50万円以上稼いでいるドライバー多数

業種 軽貨物配送ドライバー
エリア 千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県(順次拡大中)
募集条件 要普通自動車免許(AT限定可)、20代~50代くらいまで
雇用形態 委託ドライバー
休日 シフト制
福利厚生 1ヶ月車両レンタル無料(条件によります)、前払い制度、社会保険加入制度、格安ガソリンカード、独立支援制度、プロ野球観戦招待、プロバスケット試合招待、お誕生日にフォル君米プレゼント、永年勤続者表彰、優秀ドライバー表彰
備考 研修あり
※採用希望者の様々な諸事情については考慮・ご相談を承ります。どうぞお気軽にご相談ください。
応募は047-710-4805でも受け付けています。
お問い合わせ