NEWS

お知らせ

車のシガーソケットの利便性と今も残される理由

こんにちは!千葉・東京で軽貨物ドライバーを募集しているエアフォルクグループのホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます!
 
 
 
一昔前、車の車内には「シガーライター」と呼ばれるタバコに火をつける電熱ライターと灰皿が当たり前のように装備されていて、シガーライターソケットにはさらに電子パーツを取り付けることもでき重宝されてきました。
今はキャップが付いているだけでライターとしては使えませんが「アクセサリーソケット」と名前を変え、残っています。これがないと大掛かりな電源確保とコードの取り回しが必要になるため、それだけとってもやはり便利ですよね。
プライベートはもちろん、軽貨物運送業においては業務に欠かせないナビやスマホの大事な電源としてドライバーの誰もが利用しているのではないでしょうか。
 
 
 
車内電源の用途はやはりスマホの充電が最も多く、車載グッズにはUSB電源のものも増えていることから、新車にはアクセサリーソケットのないUSBポートのみのものも増えてきていますが、アクセサリーソケットを残している車はいまだ多くあります。
 
 
それはなぜなのでしょうか?
 
 
USBは5V3A、スマホの充電程度であれば問題ありませんが場合によっては役不足のことがあります。
例えばドライブレコーダー・レーダー探知機・ハンディクリーナー・扇風機・車載用冷蔵庫・電気ポット・電動タイヤエアコンプレッサー・LEDランタンなどは12V10Aであるアクセサリーソケットから電源をとるのが主流です。
アクセサリーソケットなら車載インバーターを使うことで100Vまで取り出すことができ、車中泊やキャンプ・災害時などに助かる一部の家電製品も使うことができます。
また、アクセサリーソケットに挿して使用するUSBソケットがあるのでアクセサリーソケットがあればUSBは使うことができます。大型車種にはもともとアクセサリーソケットが2個ついているものもありますが、大抵は一つです。それだけでは足りないという場合には、家庭の分岐タップや延長コードのようにアクセサリーソケットの増設グッズを使用して「タコ足」ができるので、これによって複数のアイテムを同時に使うことも可能です。
 
 
 ※タコ足にする場合には使用電流の合計に注意しましょう。家庭用の分岐タップなど
  と同じように許容量があります。電圧は12Vのままです。使うアイテムを増やせば
  増やすほどソケット内を流れる電流は大きくなり、配線に負担がかかってヒューズ
  がとんでしまうこともありますし配線が劣化していると発熱することもあります。
  ワットに直すと120W程度なので思ったよりも大きいものは使うことができません。
 
 
もっと使える電源といえば、一部のハイブリッドカー・PHV・EVならアクセサリーソケットだけでなく、家庭用電源と同じAC100V/1500Wのコンセントが標準又はオプションで用意されています。(ちなみにガソリン車はAC100V/100Wのコンセントがオプションで設定されているだけで、アクセサリーソケットと同等の電力供給力しかありません)
AC100V/1500Wのコンセントならば、炊飯器・コーヒーメーカー・掃除機・電子ケトル・ヘアドライヤーなどの家電も使うことができます。またこの容量のコンセントを有する車の最大の魅力は「外部供給機能」で、車から外へ一般家庭の数日~10日分もの電力を供給することができ、停電時でも家の中で電気が使えるので安心・便利です。大容量バッテリーと一緒にエンジンも積んでいるHVやPHVであれば、バッテリーが底をついてもエンジンを始動することでガソリンがある限り充電も可能で、東日本大震災時にはHVが救援のため被災地に集結し、電力を供給したという災害対応能力を示すエピソードもあります。
日本は災害・地震大国であり、世界の車の電動化の流れとはまた別の意味でAC100V/1500Wのコンセントと給電機能を備えた大容量バッテリー搭載の電動車の存在意義・価値は大きいと言えるでしょう。
 
 
ではそれほど便利なAC100V/1500Wのコンセントがなぜ車に標準装備とならないのでしょう。
それは単純に2モーターを備えたストロングハイブリッドのような余裕ある大容量のバッテリーの積載が不可欠だからです。同じハイブリッド車でも1モーターやモーターアシストのみのリーズナブルで軽量コンパクトなバッテリーではまかなえません。そのため、たとえ数万円のコストを払えても、ユーザーのニーズが多くあったとしても車種によっては採用できないのです。
また、いざという時に大変有効であることがわかっていても、一般的に車内外でAC100V/1500Wのコンセントを使う機会はそれほどありません。積める車であってもオプションにしているケースが多いのはそういった理由とできるだけ価格を抑えたい売る側の意図などがあるからのようです。
 
 ※EV・・・バッテリーの電力だけでモーターを駆動する電気自動車
  HV・・・エンジンとモーターの2つの動力で走るハイブリッド自動車
  PHV・・・ハイブリッド車の中でさらに自宅や充電スタンドから充電できる機能を
       もったプラグインハイブリッド自動車
 
 
 
このように車をより便利に使うために何らかの小電力を供給する機能は必要とされていて、上記のような事情があることが、どの車にも装備させることができ、そこそこの電力供給が可能で、使用用途の広いアクセサリーソケットが今もほぼ主流となっている理由なのです。
 
 
このネット社会においてまた今後の環境を守るためにも電気は本当に欠かせないものです。
物流業界でも数年前からEV車への移行を進めています。まだまだ課題は多くありますが、それらの問題提起によって電動自転車・電動トラックの進化も進み、誰もが災害に備え便利に使える車に乗れる日がくるのではないでしょうか。
それまではアクセサリーソケットを正しく安全に上手く使いこなして快適に毎日をすごしましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車で走ることが何よりも好きな方、軽貨物運送業で車時間を楽しみながら社会貢献もできる業務に携わってみませんか?エアフォルクグループでは経験者・初めての方関係なくドライバーさんの立場にたった厚いサポートを行っております!下記より是非ご応募・ご相談下さい。

2024年02月22日

健康管理でいま気をつけたいこと

詳しく見る
2024年02月16日

ワークライフバランスにつぐ新たな3つの考え方とは?

詳しく見る
2024年02月09日

雪の日の車関わる対策を再確認しよう

詳しく見る
2024年02月05日

松戸ECセンターオープンにつきドライバー募集!

詳しく見る

募集要項

募集条件に初めての方でも大歓迎!月給40万円から50万円以上稼いでいるドライバー多数

業種 軽貨物配送ドライバー
エリア 千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県(順次拡大中)
募集条件 要普通自動車免許(AT限定可)、20代~50代くらいまで
雇用形態 委託ドライバー
休日 シフト制
福利厚生 1ヶ月車両レンタル無料(条件によります)、前払い制度、社会保険加入制度、格安ガソリンカード、独立支援制度、プロ野球観戦招待、プロバスケット試合招待、お誕生日にフォル君米プレゼント、永年勤続者表彰、優秀ドライバー表彰
備考 研修あり
※採用希望者の様々な諸事情については考慮・ご相談を承ります。どうぞお気軽にご相談ください。
応募は047-710-4805でも受け付けています。
お問い合わせ